「黒島を忘れない」発売!

今甦る、戦争と愛情と、思いやりの記録kurishima1

2008年11月、ひとりの映画監督が亡くなりました。小林広司、享年51。
彼が晩年取り組んでいたテーマがあります。
それは鹿児島沖に浮かぶ小さな島「黒島」と、不時着した若き「特攻隊員」たちの物語でした。
私たちは彼の残した原稿と、その「思い」を本にしました。

書籍化に際しては、コラムニストの勝谷誠彦氏からも応援をいただき、初版作成にかかる費用はクラウドファンディングで調達することができました。

小林広司、映画監督。2008年、肺ガンで死去。享年51。

小林広司、映画監督。2008年、肺ガンで死去。享年51。

著者略歴

 


太平洋戦争末期。「愛する人のために命をかけた」墜落した若き特攻隊員と、彼らを「無心で助けた」島の人々との知られざる物語。
私たちは戦争の悲しさと、あの時代を決して忘れない──。

normal[04]

著者・小林広司はこれら黒島と若き特攻隊員たちの知られざるエピソードと、戦後今日まで続く島民と元・特攻隊員の人々との交流、さらには戦争を知らない現代の島の子どもたちの姿を交え、一篇のドキュメンタリーとして完成させます。
それは2004年の終戦記念日に『ザ・ノンフィクション〜終戦記念スペシャル 黒島を忘れない 59年目の“友よ”〜』というタイトルで、フジテレビ系列の番組として放映されました。
しかしながら約半年にわたる取材内容は、1時間にはとても収まらず、また多くの戦友を失った元特攻隊員の人々や、黒島が経験した戦争の記憶を留めておきたいと、小林は一冊の本として残しておくために文章にしたため始めます。

けれどその時すでに、彼の身体は病魔に冒されていたのです。
小林は『黒島を忘れない』の中で、黒島と特攻隊員を巡る物語、その絆を、<『人の思い』として伝えたい>と書いています。
あの時、何故若者たちは自らの命を犠牲にしてまで戦おうとしたのか。そして貧しかった黒島の人たちは、何故彼らをあんなにも一生懸命助けたのか。
本書が、そんな「人の思い」を今の時代に、少しでも伝えることが出来たら幸いです。
normal[06]


『黒島を忘れない』発売日程

◎6月25日(木):ネット書店の半蔵門書房にて先行発売開始
◎7月7日(火):Amazonにて発売開始 → 現在販売中

ISBN978-4-907338-03-9
定価 2,160円(本体2,000円+税

kuroshima_banner

半蔵門書房は、世論社直営のネット書店です。
インターネットで送料無料で書籍を購入できます。
カード決済、銀行振込対応。